社会福祉法人日本介助犬協会
本部
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9
新横浜フジカビル3F
TEL:045-476-9005
(電話応対時間:平日9時~17時)
FAX:045-476-9006
メール:info@s-dog.jp
――――――――――――――――――
介助犬総合訓練センター
~シンシアの丘~
〒480-1311
愛知県長久手市福井1590-51
TEL:0561-64-1277
(電話応対時間:平日9時~17時) 
FAX:0561-64-1278
――――――――――――――――――
qrcode.png
http://s-dog.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

◆◇新着情報◇◆

◆◇新着情報◇◆
 
2016年11月 日本介助犬協会活動予定
2016-11-04
 
2017年カレンダーの月々の画像を大公開!
2016-11-01
「カレンダーは毎日見るものだから、月々の画像を見てから買いたい」
という声にお応えして、「チャリティーグッズショップ」に
カレンダーの画像を一挙大公開いたしました!
どの写真も犬たちそれぞれのストーリーを感じる素敵なものばかりです。
じっくりご覧いただき、是非ご購入をご検討ください!
人気商品につき、ご希望の方はお早目のご注文をお願いいたします♪
 
チャリティグッズショップ↓
 
オリジナル壁紙カレンダー(2016年11月分)を掲載しました
2016-11-01
2016年11月の日本介助犬協会オリジナル壁紙カレンダーを掲載しました。写真は、本部のPR犬のヌーンです。
皆さんのPCのデスクトップに、ご利用ください。

 

ダウンロードはこちらから

 
【ご確認下さい】8月5・8日にクレジットカード寄付の手続きをされた方へ
2016-10-18
8月5日・8日の両日に、当会ホームページからクレジットカードによるご寄付のお手続きを行って下さった方に謹んでお詫びとご連絡を申し上げます。

当会メールシステムの不具合により、この両日にお手続き頂いた方がホームページ入力フォームにご入力下さったご氏名・ご住所などが不詳となっております。
大変申し訳ございません。
領収書をお送りしたいと存じますので、お手数ではございますが、お心当たりの方は当会本部までご一報下さい。連絡先は下記の通りです。
なお、8月の当該日付以外にお手続きを頂いた方々については領収書を発送済みです。
ご不明の点がございましたら、下記問合せ先へご連絡下さい。

--------連絡・問い合わせ先--------
社会福祉法人 日本介助犬協会 本部 総務部
TEL:045-476-9005  FAX:045-476-9006
 
 
 
日本身体障害者補助犬学会第9回学術大会@神戸 のお知らせ
2016-10-27

来る1030日(日)、当協会からも今年も訓練部ほか3題の発表があります!訓練部遠藤が地域での介助犬使用者支援、訓練部櫻井が介助犬による社会参加目標の実現、そして事務局長の高柳は介助犬レイの生涯としてリタイア犬の看取りについて発表します。

 

いま、勉強しなくてはならない障害者差別解消法について分かりやすく素敵なお話をミライロの岸田ひろみさんからお聞きし、有意義なシンポジウムで学んで頂く機会になります。

 

先立って29日(土)には神戸空港で市民公開講座として補助犬3種のデモンストレーションをタージンさんと盲導犬使用者で落語家の桂文太師匠がナビゲート!

楽しく補助犬を知ることができるチャンスです!

29日(土)市民公開講座@神戸空港は参加費無料、30日(日)は学会員以外でも当日参加可能、抄録集が掲載されている学会誌を含めて参加費5000円 です。

http://www2.convention.co.jp/jssdr9/index.html

補助犬使用者さんと直接お話できるかもしれない?!29日(土)夜の懇親会も当日参加可能です!詳しくは上記HPをご覧ください。

 

 
2016年10月 日本介助犬協会活動予定
2016-10-01
 
補助犬の受入について中日新聞で紹介されました!
2016-10-23

 中日新聞にて、10月23日に“補助犬 なお入店拒否も”と題して第一面に掲載されました

 2002年の身体障害者補助犬法施行から14年過ぎた今も公共交通機関、病院、スーパーなどの生活の場で補助犬(盲導犬・聴導・介助犬)の同伴拒否がなくならず課題となっています。補助犬たちは使用者が行動管理、衛生管理、健康管理をきちんと行っています。きちんと理解がされ、補助犬使用者が社会参加を快適に行えるよう今回の記事を多くの方がご覧いただければ幸いです。

 当会職員がスーパーで訓練を行っている際の様子も掲載されております!ぜひご覧下さい。

 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016102302000054.html

 
【新横浜 本部】10月29日(土)犬ボラ説明会開催♪
2016-10-18
ラブラドール・レトリーバーとの生活をお考えの皆さま!彼らと一緒に暮らしてみませんか?
 

パピーホームボランティアとは、将来介助犬になる可能性のある子犬を、生後2ヶ月から1歳までの期間一般家庭で育てていただくボランティアの方々のことです。

パピーホームであるご家庭において、愛情たっぷりに楽しく社会勉強をさせていただきながら、育てていただけるようお願いしています。

 
当会は、介助犬にはならなかったキャリアチェンジ犬(CC犬)を、当会の介助犬育成事業を支援くださる方にペットとして一定の条件でお譲りしています。お渡しするのは成犬(1歳以降の犬)で、トイレトレーニングなど基本的なしつけはできていますし、プロのトレーナー達が1頭1頭の特徴や個性もきちんと把握していますので、初めてラブラドールを家庭に迎える方でもご安心いただけます。
 
また、PR犬といってイベントや講演会等で介助犬のお仕事を紹介する犬をお預かりいただくPR犬預かりボランティアも大募集しています。PR犬は比較的扱いやすい犬の場合が多く、また、月に1回の訪問指導により、犬との接し方について学んでいただけますので、犬を飼ったことのない初心者の方も大歓迎です! 
 
パピーホーム・キャリアチェンジ犬・PR犬にご興味ある方向け説明会を開催しますので、ふるってご参加ください♪
 
当日は当会PR犬たちもいますので、犬とふれあいにお気軽にいらしてください!!!
 
日時:2016年10月29日(土)13:30~14:30
場所:社会福祉法人 日本介助犬協会 本部
  (神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9 
              新横浜フジカビル301)
   JR横浜線 横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 徒歩4分
 
参加ご希望の方は本部までご連絡下さい。
 
--------お問い合わせ先--------
社会福祉法人 日本介助犬協会 本部(担当:桑原・伊藤)
TEL:045-476-9005  FAX:045-476-9006
 
 
 
介助犬を題材にした漫画が中日新聞で紹介されました!
2016-10-14

 中日新聞で紹介されたのは、無料漫画サイトcomicoで公開されている『マキナルの もふもふ犬まみれ!』。9月上旬から介助犬を題材にしたお話が公開されており、10月14日に“介助犬 広く理解を”と題して中日新聞に掲載されました

 作者の真希ナルセさんは長久手市在住の男女の漫画家ユニット。以前から同じ市内にあるシンシアの丘に興味を持ってくださっていたとのことで、数回にわたってしっかりと取材してくださいました。マンガという親しみやすさとかわいいタッチの画でたくさんの方に読まれ、当会の広報イベントに参加した方からも漫画を読んだというお声が聞けたり、介助犬に対する正しい理解につながったりと大きな反響を呼んでいます。

 今回の写真≪猫&訓練犬≫についても第42話で取り上げられています。詳しくは、comicoの『マキナルの もふもふ犬まみれ!』をご覧ください!

 

 comico「マキナルの もふもふ犬まみれ!」(毎週木曜日更新・無料)

 http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=13544

 ※スマートフォンアプリ「comico」にて連載中!PCでも閲覧できます。

 
日本介助犬協会の2017年カレンダーを販売開始しました!
2016-10-11
本日(10月11日)より 『Service Dog Calendar 2017』の販売を開始しました!
キャリアチェンジ犬たちの写真もたくさん掲載いたしました。
どの写真も犬たちの幸せが感じられる素敵なものばかりです。
人気商品のため売り切れ必至!
ご希望の方は、当ホームページの「チャリティーグッズショップ」を
ご確認いただき、お早目のご注文をお願いいたします♪
<<社会福祉法人 日本介助犬協会>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9 新横浜フジカビル3F TEL:045-476-9005 FAX:045-476-9006