社会福祉法人日本介助犬協会
本部
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9
新横浜フジカビル3F
TEL:045-476-9005
(電話応対時間:平日9時~17時)
FAX:045-476-9006
メール:info@s-dog.jp
――――――――――――――――――
介助犬総合訓練センター
~シンシアの丘~
〒480-1311
愛知県長久手市福井1590-51
TEL:0561-64-1277
(電話応対時間:平日9時~17時) 
FAX:0561-64-1278
――――――――――――――――――
qrcode.png
http://s-dog.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

≫日本介助犬協会とは

 

事業理念

事業理念
 

一、良質な介助犬の育成

    一人でも多くの肢体不自由者が自立と社会参加を果たせるよう、良質な介助犬の育成と訓練を行います。

 

一、人材養成

   「良質な介助犬は良質な訓練者から」を信条とし、高度な知識と技術を有する

  介助犬訓練者の養成を行うとともに、介助犬訓練者の資格化をめざします。

 

一、相談および情報提供

    各地リハビリテーションセンター等と連携しながら介助犬の希望者へ適切な助言を行うとともに、

  障害者団体等を通じて介助犬の有効性や役割等の情報提供を積極的に行います。

 

一、啓発

    介助犬が、障害者が自立し社会参加するために不可欠な犬であることを広く国民に知っていただくことを使命とし、

  介助犬およびその他の補助犬の必要性と安全性を啓発してまいります。

 

一、研究

    専門機関や研究機関と連携しながら、国内外からの情報収集および調査研究に努め、より一層の介助犬の効果的かつ

  効率的な育成をめざします。

 

法人概要

法人概要
  ■会社名 社会福祉法人 日本介助犬協会
  ■所在地 -本部-
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9 新横浜フジカビル301号室
TEL:045-476-9005 FAX:045-476-9006

-介助犬総合訓練センター-
〒480-1311
愛知県長久手市福井1590-51
TEL:0561-64-1277 FAX:0561-64-1278 
  ■代表者 理事長 伊藤 利之
  ■設立年月日 (一)認可日 平成16年3月18日
(二)認可した官庁 東京都
(三)事業開始日 平成16年4月1日
(四)設置法人 社会福祉法人 日本介助犬協会
  ■従業員数 28名(2017年4月現在)
  ■業務内容 (一)介助犬訓練事業 良質な介助犬の育成に全力を尽くす。
   候補犬の導入、適性評価、基本訓練、作業訓練、合同訓練、継続指導
(二)介助犬訓練者養成 良質な介助犬を育成するのに欠かせない良質な介助犬訓練者を養成
   できるよう各種研修を行うとともに、研修生の受入れも積極的に行う。
(三)相談活動・連絡調整活動 介助犬希望者への相談業務を行い、個々に合った介助犬との
   生活構築を支援する。
(四)啓発活動 一般市民、障害者等に情報を提供し、受入れ事業者に対する職員教育等を行って、
   介助犬使用者の社会参加を促す。
(五)調査および研究活動 国内外の介助犬関連情報を収集し、かつ訓練実績等をモニターおよび
   分析し、効果的かつ効率的な育成に向けた調査研究を行う。
<<社会福祉法人 日本介助犬協会>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9 新横浜フジカビル3F TEL:045-476-9005 FAX:045-476-9006