社会福祉法人日本介助犬協会
本部
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9
新横浜フジカビル3F
TEL:045-476-9005
(電話応対時間:平日9時~17時)
FAX:045-476-9006
メール:info@s-dog.jp
――――――――――――――――――
介助犬総合訓練センター
~シンシアの丘~
〒480-1311
愛知県長久手市福井1590-51
TEL:0561-64-1277
(電話応対時間:平日9時~17時) 
FAX:0561-64-1278
――――――――――――――――――
qrcode.png
http://s-dog.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

≫介助犬とは

 

介助犬について

介助犬について
 
介助犬とは、手や足に障がいのある方の手助けをするために特別な訓練を積んだ犬のことをいいます。盲導犬が目の不自由な方の目となって障害物や曲がり角の存在を知らせるように、介助犬は肢体不自由者の手足となり、日常生活における動作の補助をします。

また、介助犬は介助作業を行うという機能的な有効性のほかにも、使用者の精神的な支えにもなります。介助犬と暮らすことによって、一人で外出することの不安が軽減された、家族が安心して外出できるようになった、近所の人との会話が増えた、などの2次的効果もあり、介助犬を通して社会とのつながりがより深くなることが期待できます。

 

介助犬作業と役割

介助犬作業と役割
 
介助犬が行う代表的な仕事
 1.落としたものを拾う
 (小銭、カード、鍵、書類 ほか)
 2.指示したものを持ってくる
 (ペットボトル、車椅子、駐車券 ほか)
  3.緊急時の連絡手段の確保
(電話、家族、緊急ボタン ほか)
 
他にも、使用者のニーズによってこんな仕事もできます
1.ドアの開閉

2.指示した物を置く
3.衣服の脱衣補助 
4.車椅子の牽引 
5.部屋の電気やエレベーターのスイッチ操作
6.荷物の運搬
7.起立・歩行介助 
8.移乗の補助

<<社会福祉法人 日本介助犬協会>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9 新横浜フジカビル3F TEL:045-476-9005 FAX:045-476-9006