社会福祉法人日本介助犬協会
本部
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9
新横浜フジカビル3F
TEL:045-476-9005
(電話応対時間:平日9時~17時)
FAX:045-476-9006
メール:info@s-dog.jp
――――――――――――――――――
介助犬総合訓練センター
~シンシアの丘~
〒480-1311
愛知県長久手市福井1590-51
TEL:0561-64-1277
(電話応対時間:平日9時~17時) 
FAX:0561-64-1278
――――――――――――――――――
qrcode.png
http://s-dog.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

≫トレーナーを目指す

 

研修生募集について

研修生募集について
 

当会では「介助犬の育成・普及活動に携わる人材を養成していくこと」を目指し、平成17年度より研修制度を開始しております。

研修期間は1年間で、この間に講義・及び担当トレーナーからの指導により、犬・介助犬・障がいについて広く学んで頂くことになります。

   
社会福祉法人 日本介助犬協会 研修生 募集案内
介助犬 に携わりたい!方へ
 介助犬とは、病気や事故により、手足に障がいがあり、日常生活動作に不自由、不便がある方のために、落としたものを拾って渡す、手が届かないものを持って来る、緊急時に携帯電話等を持って来ることで、助けを呼ぶことが出来るようにするなど、障碍を持った方が自立し、社会参加することを支援する犬のことです。
 私達社会福祉法人 日本介助犬協会 は、介助犬を通して障がい者の自立と社会参加を促進するリハビリテーションの役割を担っております。
 協会には、常勤としてリハビリテーション医、社会福祉士、介護福祉士、嘱託に理学療法士、作業療法士もおり、ヘルパーや福祉用具プランナーの資格を取得する職員が多く勤務しております。
 とかく、介助犬に関わる仕事は、「犬の訓練」だけに眼が行きがちですが、犬の訓練だけ出来ても、介助犬を通して障がい者を応援する仕事は出来ません。
 一つの介助犬ペアが生まれるには、組織を運営する総務担当、経理担当がいて初めて、介助犬訓練、広報活動の基盤が出来ます。また認知度が低い介助犬について知って頂く広報担当がいて、初めて介助犬と共に安心して社会参加出来る社会になります。また、介助犬事業にはとても多くのボランティアさんのご協力が必要ですし、ご寄付を頂いて初めて安定した訓練体制、普及活動体制が整います。
 当協会は、障がい者のリハビリテーション、自立支援、社会参加支援をしたい!という方に、この研修を通して、当協会のモットーである「人にも動物にもやさしく楽しい社会をめざして」何が出来るのかを学んで頂きたいと考えています。1年間の研修の中で、障がいのこと、リハビリテーションのこと、広報のこと、そして、犬のことを学び、介助犬の理解者となり、多くの方に広められる知識と技術を身につけて頂きたいと思います。
 当協会の研修は学校ではないので、学費や滞在費は頂きません。全ての職員が教える気満々ではありますが、受け身でいたのでは何も学べません。自らが積極的に動き、介助犬に携わる力を身につけてほしい と願っています。
 研修では、まず犬を触るのではなく、まず車いすで街に出てみることから始めます。当協会への就職をお約束する研修ではありません。
 まずはオープンキャンパスにお越し下さい。
 
1.募集要綱
①目的:
 介助犬の育成・普及活動に関わり、介助犬を通して障がい者の自立と社会参加促進に寄与することが出来る人材を養成することを目的とします。
 
②募集人員:
 第13期生 若干名
 
③研修期間:
 平成30年4月1日~平成31年3月31日まで
 
④研修日:
 週4日
 *研修が土・日・祝日に入ることもあります。
 *2週間程度の外部研修があります。
 
⑤研修費:
 無料。
ただし、教材費・外部研修の際の実費(研修費・交通費・宿泊費・食費等)は自己負担となります。
 
⑥申込受付期間:平成29年7月3日(月)~平成29年8月24日(木)まで
 
⑦選考方法
(1次選考) 書類審査(履歴書)(送付先:本部)
       小論文 課題論文「介助犬トレーナーの役割とは」1000字~1200字
(2次選考)   個人面接 (訓練センターにて)
(3次選考)   現場実習 (訓練センターにて)
 
⑧選考日程
 1次選考・願書受付 平成29年8月24日(木)必着
   *1次選考結果は、平成29年9月7日(木)までに通知します。
   *2次選考結果は、平成29年10月10日(火)までに通知します。
 最終選考 平成29年10月31日(火)(予定)
   *最終選考結果は、平成29年11月8日(水)までに通知します。
 
⑨提出書類
 1) 研修生願書
 2) 課題小論文
 3) 最終選考受験者のみ 健康診断書(医療機関発行のもの)
 (注)出願資格
 ・20~35歳ぐらいの方
  ・高等学校卒業程度以上の学力を有する者
  ・車の免許を取得している者
  ・「介助犬総合訓練センター」(愛知県長久手市)で研修が出来る者
   *介助犬総合訓練センター研修生部屋に住み込みが出来る者
 
⑩研修開始時期(予定)
 平成30年4月5日(木) 入学式・オリエンテーション(介助犬総合訓練センター)
      4月6日(金) 研修開始
 
⑪応募にあたっての注意
この研修制度を修了しても、全員に当会への就職を保障するものではありません。あらかじめご了承ください。
 
2.研修内容
講義及び実技指導により、車いす操作、障がい者への支援、そして犬に関しての基本的な訓練技術の指導を受けていだたきます。介助犬・障害そして犬について広く学びます
 
3.講師
協会
 常務理事 高柳友子(医学博士 リハビリテーション科医師)
 センター長 水上 言
 嘱託 理学療法士・作業療法士 野口裕美
    作業療法士 吉田 文 (大阪保健医療大学)
    就労支援アドバイザー 尋木佐一
 
外部依頼先
 横浜市総合リハビリテーションセンター、名古屋市総合リハビリテーションセンタ−等の地域リハセンタ勤務のリハビリテーション科医師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士 
動物福祉、人と動物の関係学:ペット研究会 互 代表 山崎恵子
動物栄養学:株式会社リフレックス 代表取締役社長 水上晴由
 
 
訓練実技指導
優良家庭犬普及協会 理事
 長谷川 あや甫
 
外部研修・聴講・見学協力先
 横浜市総合リハビリテーションセンター
公益財団法人 日本盲導犬協会 (富士ハーネス:静岡県富士宮市人穴381)
 公益財団法人 東日本盲導犬協会 (栃木県宇都宮市福岡町1285)
 公益財団法人 関西盲導犬協会 (京都府亀岡市曽我部町犬飼未ケ谷18-2)
 公益財団法人 北海道盲導犬協会 (北海道札幌市南区南三十条西8-1-1)
一般社団法人 日本聴導犬推進協会
株式会社BASE dog training school
 
 
研修生願書のダウンロード
 
研修生希望者向けオープンキャンパスのご案内
研修生希望の皆様向けに、オープンキャンパスを開催いたします。介助犬の概要説明、訓練犬によるデモンストレーション、施設見学、質疑応答など約3時間の内容を予定しております。
 
◆平成29年6月10日(土)14時~17時 介助犬総合訓練センターにて【定員若干名】
◆平成29年7月9日(日)14時~17時 介助犬総合訓練センターにて【定員5名】
◆平成29年8月5日(土)14時~17時 介助犬総合訓練センターにて【定員10名】
   
・オープンキャンパス参加者の方には500円程度のご寄付をお願いしております。
・参加を希望される方は、下記の「オープンキャンパス申込フォーム」に必要事項をご記入
の上、メール(info@s-dog.jp)またはFAX(0561-64-1278)にてお送りください。 
 

※1名ずつ申込が必要となります。定員になり次第、受付終了とさせていただきます。
 
 
<<社会福祉法人 日本介助犬協会>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-9 新横浜フジカビル3F TEL:045-476-9005 FAX:045-476-9006